• ARTCOURT Gallery 画像:0
  • ARTCOURT Gallery 画像:1
  • ARTCOURT Gallery 画像:2
  • ARTCOURT Gallery 画像:3
  • ARTCOURT Gallery 画像:4

Artists

野村 仁

画像をクリックすると、大きなサイズでご覧いただけます。

作家略歴

1945
兵庫県生まれ
1967
京都市立美術大学卒業
1969
京都市立美術大学専攻科修了
現 在
京都市立芸術大学大学院教授

初期の主な活動

1969
3月、「美大作品展」(京都市美術館)にて、段ボールが自重によって崩れていく作品《Tardiology》を発表。
10月、「第 2 回現代の造形(野外造形’69)」(鴨川公園、京都)に、ドライアイスが昇華する過程を提示する作品《Dryice》を出品。
1970
3月、「京都アンデパンダン展」(京都市美術館)に、写真作品《Dryice: 1969》と《道路上の日時》を出品。
5月、中原佑介が総コミッショナーをつとめた「第 10 回日本国際美術展ー人間と物質」(東京都美術館)に参加。
7-8月、「現代美術の動向展」(京都国立近代美術館)に参加。
10-11月、《Graphilm》を撮る(16mmフィルム /16mmカメラを持って30秒間ジャンプし、その直後の血圧と脈拍を測定する。) 《Graphilm》の血圧と脈拍部分のみをプリントした写真作品《Jump》を制作。
1971
3月、「京都アンデパンダン展」(京都市美術館)に、《Jump》を出品。
11月、「すっかりだめな僕たち展」(京都市美術館、京都書院)に《毎日 10 分間、本屋の TV に写る N》を出品。
1972
1月、《カメラを手に持ち腕を回す:人物、風景》《重心の移動》を撮る。(16mm フィルム)
2月、水中で呼吸する自身の横顔をとらえた《水の中での Breathing》を撮る。(16mm フィルム)
3月、16mmムービーカメラを使って「見るもの全てを写したい」と思い、《photobook又は視覚のブラウン運動》の撮影を開始。(1982 年 2 月まで継続。)
1975
《age: M→F》写真作品を制作。
『月』‘moon’ score シリーズを開始。以後『星』‘pleiades ’ score(’78~)、『鳥』 ‘birds’ score (’83~)、『鶴』 ‘Grus’ score(’04~) を開始。
1978
2月、《age: M→F》ビデオ作品を制作。
10月、太陽を対象とした最初の作品を制作。
1979
2月、《The Earth Rotation》シリーズを開始。
4-6月、「ヴィデオ:東京から福井と京都まで」(ニューヨーク近代美術館)に《age: M→F》ビデオ作品を出品。
1980
太陽の軌跡を魚眼レンズを用いて撮影・記録する『太陽』シリーズを開始。

主な個展

2015
Hitoshi Nomura: Contingency and Necessity [野村 仁:偶然と必然](McCaffrey Fine Art,
ニューヨーク)
2013
野村 仁:身体/知覚 又は 私を「私」とおもう私(アートコートギャラリー, 大阪)
2010
Hitoshi Nomura : Marking Time(McCaffrey Fine Art, ニューヨーク)
2009
View From Space, From Here On...(アートコートギャラリー, 大阪)
野村仁:変化する相-時・場・身体(新国立美術館, 東京)
2008
Hitoshi Nomura: Gravitational Shape & Flavor -The Sun, Meteorites and The Body-(アートコートギャラリー, 大阪)
2007
Hitoshi Nomura: Chrono & Chroma(アートコートギャラリー, 大阪)
2006
野村仁『見る』出版を記念して(アートコートギャラリー *仮スペース, 大阪)
野村仁-Cosmo-Arbor-(アートコートギャラリー, 大阪)
Hitoshi Nomura-An Introduction, Photo works 1975-92-(McCaffrey Fine Art, ニューヨーク)
2004
新作展-chroma & chromatic-(アートコートギャラリー, 大阪)
2001
野村仁-移行/反照-(豊田市美術館, 愛知)
2000
野村仁-生命の起源 : 宇宙・太陽・DNA-(水戸芸術館現代美術センター, 茨城)
New Vision Navigator-ソーラーカーによるアメリカ大陸横断記録-(中京大学 C・スクエア, 名古屋・愛知/京都芸術センター, 京都)
1999
Mission to America & Jurassic Giant Tree in Tokyo(ギャラリー GAN, 東京)
1998
One with the Cosmos(ギャラリー KURANUK, 大阪)
1996
Soft Landing Meteor & DNA(ギャラリー GAN, 東京)
Cosmic Sensibility が作用して・・・(ギャラリー KURANUKI, 大阪)
CHRONON & PROTOMORPH(中京大学 C・スクエア, 名古屋・愛知)
1995
CHRONOSCORE(東京都写真美術館, 東京)
CHANGE over TIME(スパイラルガーデン, 東京)
1994
作品集『Time・Space』出版記念展(ギャラリー KURANUKI, 大阪)
CRYO PHENOMENA(アートギャラリー・アルティアム, 福岡)
1989
Cosmo Chronography(INAX ギャラリー, 東京)
1987
近作展 2・野村仁 Spin & Gravity(国立国際美術館, 大阪)

主なグループ展(1990〜)

2016
宇宙と芸術展(森美術館, 東京/アートサイエンス ミュージアム、シンガポール)['-17]
ART1 2016: Stepping into Fresh Snow(アートコートギャラリー, 大阪)
2015
Re: play 1972/2015―「映像表現 '72」展、再演(東京国立近代美術館、東京)
2013
out of place,(旧嵯峨御所 大覚寺門跡, 京都)
Re: Quest ー 1970 年代以降の日本現代美術(ソウル大学校美術館, 韓国)
2009
First Passage(アートコートギャラリー, 大阪)
医学と芸術展―生命と愛の未来を探る:ダ・ヴィンチ、応挙、デミアン・ハースト(森美術館, 東京)
エコ & アートーアートを通して地球環境を考えるー近くから遠くへ(群馬県立館林美術館, 群馬)
Enokura, Nomura, Takamatsu : Photographs 1968 - 1979(McCaffrey Fine Art, ニューヨーク) 
ヴィデオを待ちながらー映像、60 年代から今日へー(東京国立近代美術館, 東京)
2007
天体と宇宙の美学(滋賀県立近代美術館, 滋賀)
宇宙御絵図(豊田市美術館, 愛知)
非芸術反芸術芸術(Getty Reseach Institutem, ロサンゼルス)
2006
美術館は白亜紀の夢を見る(埼玉県立近代美術館, 埼玉)
2005
もの派-再考(国立国際美術館, 大阪)
アート & テクノロジーの過去と未来(ICC, 東京)
風景遊歩(丸亀市猪熊弦一郎現代美術館, 香川)
2004
痕跡-戦後美術における身体と思考-」(京都国立近代美術館, 京都/東京国立近代美術館, 東京)
2003
盗まれた自然(川村記念美術館, 千葉)
The History of Japanese Photography(The Museum of Fine Art, Houston, ヒューストン 他)
2002
未完の世紀:20 世紀がのこすもの(東京国立近代美術館, 東京)
1999
第 8 回ふくいビエンナーレ-身体と記憶-(福井市美術館, 福井)
ART1999 CHICAGO(Festival Hall, Navy Pier, シカゴ)
1997
日本の現代美術-思考と形象(豊田市美術館, 愛知)
重力-現代美術の座標軸(国立国際美術館, 大阪)
1996
Japon 1970-Matiere et Perception(Musée d'Art Moderne Saint-Étienne , サン・テティエンヌ , フランス)
1995
1970 年 物質と知覚:もの派と根源を問う作家たち(岐阜県美術館/岐阜 他)
1994
空間・時間・記憶-Photography and Beyond in Japan-」(原美術館/東京)
時間/美術-20 世紀美術における時間の表現-(滋賀県立近代美術館, 滋賀)
1993
Time & Motion(ICP, ニューヨーク)
BREDA FOTOGRAFICA ’ 93(De Beyerd Breda, ブレダ, オランダ)
1992
第 9 回シドニー・ビエンナーレ-The Boundary Rider(Art Gallery of New Sounth Walesm,
シドニー
ビデオ・新たな世界-そのメディアの可能性(O 美術館, 東京)
1991
A Cabinet of Signs(Tate Gallery, リバプール/Whitechapel Art Gallery, ロンドン 他)
線の表現-眼と手のゆくえ(埼玉県立近代美術館, 埼玉)
1990
JAPANISCHE KUNST DER 80ER JAHRE(Frankfurter Kunstverein, フランクフルト/Museum of Modern Art, ウィーン 他)
移行するイメージ-1980 年代の映像表現(京都国立近代美術館/京都、東京国立近代美術館/東京)

出版物

「見る」野村仁:偶然と必然のフェノメナ   詳細を見る

ACG Exhibition

野村仁「光と地の時間」

2017 ARTCOURT Gallery
野村仁「光と地の時間」野村仁「光と地の時間」野村仁「光と地の時間」

野村 仁:身体/知覚 又は 私を「私」とおもう私

2013 ARTCOURT Gallery
野村 仁:身体/知覚 又は 私を「私」とおもう私野村 仁:身体/知覚 又は 私を「私」とおもう私野村 仁:身体/知覚 又は 私を「私」とおもう私

野村 仁展「View From Space, From Here On...」

2009 ARTCOURT Gallery
野村 仁展「View From Space, From Here On...」野村 仁展「View From Space, From Here On...」野村 仁展「View From Space, From Here On...」

野村 仁展 「Gravitational Shape and Flavor - The Sun, Meteorites and The Body -」

2008 ARTCOURT Gallery
野村 仁展 「Gravitational Shape and Flavor - The Sun, Meteorites and The Body -」野村 仁展 「Gravitational Shape and Flavor - The Sun, Meteorites and The Body -」野村 仁展 「Gravitational Shape and Flavor - The Sun, Meteorites and The Body -」

野村 仁展「Chrono & Chroma」

2007 ARTCOURT Gallery
野村 仁展「Chrono & Chroma」野村 仁展「Chrono & Chroma」野村 仁展「Chrono & Chroma」

野村 仁展「Cosmo-Arbor」

2006 ARTCOURT Gallery
野村 仁展「Cosmo-Arbor」野村 仁展「Cosmo-Arbor」野村 仁展「Cosmo-Arbor」

野村仁 新作展「chroma & chromatic」

2004 ARTCOURT Gallery
野村仁 新作展「chroma & chromatic」野村仁 新作展「chroma & chromatic」野村仁 新作展「chroma & chromatic」

画像をクリックすると、大きなサイズでご覧いただけます。

TOP