ARTCOURT Gallery

About

コンセプト

「美を見極めて、世界に繋ぐ」

アートコートギャラリーは2003年に大阪に開廊して以来、日本の現代美術を世界に向けて発信しています。
コンセプチュアルアートや日本戦後美術を牽引してきた「具体」の作家たち、「工芸」を新たな領域へと拡張・深化させて独自の美意識を培う作家たち。取扱作家の活動を支え、世界各国の美術館・財団等への収蔵に努めるだけでなく、今後を担う若手作家の紹介にも余念なく取り組みます。

近年では、作品集出版や資料のリサーチを通して、作家たちの制作・発表を批評的・記録的観点から捉え、未来へと繋ぐ活動を積極的に行っています。
また、取扱作家の作品納入やコミッションの実績は各国の建築空間・公共空間のパブリックアートとして、日本の優れた現代美術を世界各国へと継続的に発信しています。

2018年には開廊15周年を迎え、京都・北白川に新たなビューイングルーム「ACG Villa Kyoto」をオープンしました。大阪のホワイトキューブとは対極的な、自然と調和した数寄屋造りの和空間です。
大阪、京都、それぞれのスペースならではの展示で、今後も選りすぐりの美を心尽くして紹介してまいります。

企画展

企画展
國府 理 Osamu Kokufu「Parabolic Garden」展 2010

国際的評価の確立した美術家から実力ある若手まで、コンセプト・素材・技術ともに独自性に富む優れた現代美術を紹介しています。民間最大規模、天井高8mのギャラリー空間を活かした刺激的な展示が魅力です。

若手作家支援・育成

若手作家支援・育成
「Art Court Frontier」展 2012

開廊記念から続くアニュアルグループ展「Art Court Frontier」(〜2016)、公共スペースのコミッションワークなど、展覧会やプロジェクトを通して、現代美術を制作・発表している若手作家のステップアップをサポートします。

美術品の販売

美術品の販売
4 World Trade Center 1Fエントランスロビー(ニューヨーク、2013〜)

建築空間に応じて、プランニングから制作、納品、施工までをコーディネートします。日本の美の発信拠点として、国内外で活躍する現代美術家の良質な作品を提供します。