ARTCOURT Gallery

Exhibitions

ACG eyes 7: Records − 佐々木類・新平誠洙・堀川すなお−

2022. 8.20 [sat]− 9.17 [sat]11:00−18:00[土曜日 −17:00] 日・月・祝 休廊

“ACG eyes”は、アートコートギャラリーが注目する若手作家を、気鋭の新作とともに紹介するシリーズ企画です。
佐々木類、新平誠洙、堀川すなおの3作家は、それぞれに一貫したコンセプトと手法によってモチーフに内在する時間や事象を“記録”し、多様な世界と人々との関係を日々探求しながら作品を制作しています。
本展では「Records」をテーマに、作品の内に蓄積されたユニークな“記録”にフォーカスを当て、身の回りにあるモチーフを知の系譜へとビジュアライズしてゆく彼らの表現の魅力をご紹介します。

大阪では初発表となる佐々木類は、本展のために制作した《植物の記憶》シリーズを中心に約10点の作品を出展します。板状のガラスに植物を挟み込み、高温の窯の中で生育した土地の記憶とともに封印するこのシリーズを、佐々木は10年以上も継続して制作しています。出会いや時の移ろいを窓や庭の存在と重ね合わせつつ、ガラスの世界に身を投じた植物の表情で幻想的な空間を創り出します。

新平誠洙は、東京オリンピック2020開催を契機に手掛けた《Inversion2》シリーズを出展します。1936年のベルリンオリンピック記録映像から引用したドイツの円盤投げの選手に、五輪のフラッグを重ね合わせて描いた本作で、新平は絵画面を高速回転させフラッシュライトを当てながら見せるストロボスコープの原理を用いたバージョンを制作。臨場感あふれる絵画体験で知覚に揺さぶりをかけます。

堀川すなおは、「分かるとはどういうこと?」について考えながら、約15年間に渡って観察し続けている“バナナ”をモチーフに描いた約20点の新作絵画を出展します。観察はさまざまな人種や年代の人々も交えて行われ、言葉や絵によって表現された情報をもとに、堀川は人間の解釈が導く“バナナ”のかたちを描きおこしていきます。緻密な線画の集積は、新たな創造の回路を開く無限の可能性に満ちています。

関連イベント

  • 8.20 [sat] 14:00-15:30
    【アーティストトーク 佐々木類・新平誠洙・堀川すなお】
    *定員20名 要事前予約 ( info@artcourtgallery.com / 06-6354-5444 )

出展作家

佐々木類 新平誠洙 堀川すなお