ARTCOURT Gallery

Exhibitions

川田知志 「彼方からの手紙」

2022.2.26 [sat] - 3.26 [sat] 11:00 - 18:00 ※土曜日17:00まで、日・月・祝 休廊

 この度、アートコートギャラリーでは、2018年に続いて2度目となる川田知志の個展を開催します。

 川田は、都市における空間と人、そして美術表現の関わりを、壁画を軸とする表現によって問い直しながら制作・発表を続けています。その手法は、漆喰と顔料で描く伝統的なフレスコ画の技法に現代の造形素材を融合させるとともに、特定の壁・空間からの自立や、それによって生まれる時間の流れを取り込むことで、新たな表現の可能性を探るものです。
 本展では、作家自身の生きる時代を特徴づける「郊外の景色」をモチーフにしたフレスコ画から、壁画の移設技法を応用してその描画層のみを引き剥がし、カンヴァスの上に移し替えた新作群を発表します。200号大の作品を中心に、展示空間と作品、身体の関係を見極める川田ならではの構成となります。
 都市近郊のどこにでもある“匿名”の風景と、固有の壁面と繋がりを持たないイメージの皮膜。両者が結びつくことで生まれる作品は、壁画とタブローの狭間で揺らぎながら「今ここ」との微妙な距離感をまとう存在として鑑賞者に差し出されます。ここではないどこか、今ではないいつか、これではない何か−−−「彼方」と交信を続ける川田の表現を通じて、私たちがその先に想像するのは果たしてどのような景色なのでしょうか。

・・・

◆作家紹介

川田知志は近年の活動において、壁画の解体・移動・再構築を一連の表現として実践する展示や*1、描かれたイメージが建物の壁に覆い隠され数十年後に再発見されることを想定した作品*2、壁画の移設技法「ストラッポ」*3を応用して壁から剥離させた描画層を仮構の支持体にのせることで、壁画イメージの “保留状態” を作品化したインスタレーション*4などを展開しています。その作品は、場との関係を強く感じさせる初期の表現から、空間から自律した「壁画」が更新を遂げていく開かれた構造を手に入れると同時に、時の流れによって入れ替わる現在・過去・未来が複雑に交差するダイナミズムを孕んだ存在へと深化してきました。

1. 2017年 ALAアーティストインレジデンス「まちとsynergism」成果展(アートラボあいち長者町 [旧玉屋ビル]、名古屋)及び自主企画「サドンデス」(龍屋ビル3F、名古屋)
2. 2018年 アーティスト・イン・レジデンス(A4 Art Museum、成都、中国)
3. フレスコ画の描画層を膠などによって画面から引き剥がし、別の支持体へ移し替える技法。17世紀以降のイタリアを中心に、主に保存修復のために用いられた。
4. 2018年 個展「Open Room」(アートコートギャラリー、大阪)

関連イベント

  • 2.26 [sat] 14:00-15:30
    ◆トークイベント
    奥村一郎(和歌山県立近代美術館)× 川田知志

    *予約制(先着20名様)、ご予約はメールにて承ります(info@artcourtgallery.com)。
    *詳細はウェブサイトにてご案内いたします。

出展作家

川田知志