ARTCOURT Gallery

Artists

今井 祝雄Norio Imai

作家略歴

1946
大阪府生まれ
1965
大阪市立工芸高校美術科洋画コース卒業
具体美術協会会員となる(1972年の解散まで)
1966
第10回シェル美術賞 一等賞受賞
1979
毎日の自写像《デイリーポートレイト》の制作を開始
1991
第2回大阪市都市環境アメニティ表彰
現在
成安造形大学名誉教授

主な個展

2019
今井祝雄ー行為する映像(アートコートギャラリー、大阪)
2018
今井祝雄-物質的恍惚(アクセル・ヴェルヴォールト・ギャラリー、ワインエーゲム、ベルギー)
2016
今井祝雄 Retrospective―方形の時間(アートコートギャラリー、大阪)
白のイヴェント×映像 1966-2016(ユミコチバアソシエイツ viewing room shinjuku、東京)
2015
Time Collection(ユミコチバアソシエイツ viewing room shinjuku、東京)
2014
今井祝雄 Retrospective―影像と映像(アートコートギャラリー、大阪)
白からはじまる(ユミコチバアソシエイツ viewing room shinjuku、東京)
2013
白のイベント(アクセル・ヴェルヴォールト・ギャラリー、アントワープ)
2012
今井祝雄 ”具体大学”のころ(成安造形大学、大津)
今井祝雄 Retrospectiveー17才から22才(アートコートギャラリー、大阪)
2005
今井祝雄-デイリーポートレイトの四半世紀(夢創館、神戸)
1996
BACK & FORTH 今井祝雄・白の空間1964–1966(ギャラリー16、京都)
1981
ビデオによる個展(ザ・バンク、アムステルダム)
Videotape Performance(ビデオギャラリーSCAN、東京)
1980
矩形の時間(ギャルリーキタノサーカス、神戸)
1979
自写像による個展(番画廊、大阪)
1971
個展(ウォーカー画廊、東京)
1966
個展(グタイピナコテカ、大阪)
1964
17歳の証言(ヌーヌ画廊、大阪)

主なグループ展

2019
in number, new world/四海の数(芦屋市立美術博物館 ~2020)
2018
具体-絵画の空間と時間(スラージュ美術館、ロデス)
2017
Becoming & Dissolving: ‘The Art of Appreciating Simple Beauty in a Naturally Imperfect World’(Alice Black、ロンドン)
第31回イメージフォーラム・フェスティバル「切断された時間・繋がれた時間:今井祝雄特集」(イメージフォーラム東京、ほか)
第46回ロッテルダム国際映画祭(ギャラリー・ジョイ・ラモーン、ロッテルダム)
Film and Video Works-Time Severed, Jointed and Stretched(BOZAR Centre for Fine Arts、ブリュッセル)
2016
蛍光菊 (ICA、ロンドン)
Performing for the Camera(テート・モダン、ロンドン)
2015
Re:play 1972/2015―「映像表現 '72」展、再演(東京国立近代美術館、東京)
2014
Proportio(パラッツォ・フォルトゥニー、ヴェニス)
1970年代の日本の写真におけるイメージと物質(マリアン・ボエスキー・ギャラリー、ニューヨーク)
2013
具体:素晴らしい遊び場 [Gutai: Splendid Playground](グッゲンハイム美術館、ニューヨーク)
2012
水のメディア芸術祭―Aqua Passage(しが県民芸術創造館、草津)
A Visual Essay on Gutai at 32 East 69th Street (Hauser & Wirth、ニューヨーク)
「具体」ニッポンの前衛 18年の軌跡(国立新美術館、東京)
2011
Nul=0.ーdutch avant-garde in an international context, 1961–1966(スキーダム市立美術館、オランダ)
2009
ヴァイタル・シグナル―日米初期ビデオアート(ジャパンソサエティ、ニューヨーク/ボストン美術館/横浜市美術館/国立国際美術館 ほか~2010)
2007
ラディカル・コミュニケーション:日本のビデオアート1968–1988(ゲティセンター、ロサンジェルス)
2004
6人の作家―アーティキュレーション2004(アートコートギャラリー、大阪)
2000
震災と美術―9・17から生まれたもの(兵庫県立近代美術館)
1997
<私>美術のすすめ―何故WATAKUSHIは描かれたか(板橋区立美術館、東京)
1994
戦後日本の前衛美術(横浜美術館/この後、グッゲンハイム美術館、サンフランシスコ近代美術館を巡回)
1992
日本のヴィデオ・アート特集―80年代編(世田谷美術館、東京)
フレームの美学―アニメーションの理論と実践(埼玉県立近代美術館)
現代日本の写真美術(ウォーカーヒルアートセンター、ソウル)
1990
ヨーロッパ・メディアアート・フェスティバル(オスナブリュック、ドイツ) 
日本のビデオアート 80年代(ローマ日本文化会館ほか欧米を巡回)
1989
河原温と同時代の美術1966–1989(ICA名古屋)
1986
ビデオカクテルIII(原美術館、東京)
1985
日本ー未来のアヴァンギャルド(パラッツォ・トゥルシ、ジェノヴァ)
1983
現代美術における写真ー1970年代の美術を中心として(東京国立近代美術館/京都国立近代美術館)
第12回モントリオール国際ニューシネマ・フェスティバル(モントリオール 他2都市に巡回)
1982
第4回シドニー・ビエンナーレ(ニューサウスウェールズ工科大学、シドニー)
1980
ビデオ・ローマ’80(ローマ民俗美術館、イタリア)
1978
アンダーグラウンド・シネマから個人映画まで(東京都美術館)
1977
第7回国際オープン・エンカウンター・オン・ビデオ(ミロ美術館、バルセロナ)
1976
第11回ジャパン・アート・フェスティバル(上野の森美術館、東京/ブロードウェイ・デパート、ロサンゼルス/ワシントン州立大学附属美術館、シアトル)
1975
インターナショナル・オープン・エンカウンター・オン・ビデオ(エスパス・ピエール・カルダン、パリ/市立近代美術館、フェラーラ、イタリア/CAYC、ブエノスアイレス)
The Party, 今井祝雄・村岡三郎・植松奎二(ギャラリー16、京都)
1974
第11回日本国際美術展ー複製、映像時代のリアリズム(東京都美術館)
1973
第8回ジャパン・アート・フェスティバル(リュブリアナ近代美術館、ユーゴスラビア/マンハイム市立美術館、ドイツ)
京都ビエンナーレ―集団による美術(京都市美術館)
1972
映像表現 ’72(京都市美術館)
《この偶然の共同行為を一つの事件として…》(村岡三郎・倉貫徹とのコラボレーション。3人の心臓音による街頭イベント/ 御堂筋、大阪)
1971
第10回現代日本美術展ー人間と自然(東京都美術館/京都市美術館)
1970
第16回 オーバーハウゼン国際短編映画祭(オーバーハウゼン、ドイツ)
具体グループによる展示(万国博みどり館、大阪)
1968
現代日本美術展ー蛍光菊(Institute of Contemporary Arts、ロンドン)
第8回現代日本美術展(東京都美術館/京都市美術館)
1967
第1回草月実験映画祭(草月会館ホール、東京/弥栄会館、京都)
第5回パリ青年ビエンナーレ(パリ市立近代美術館、フランス)
1966
空間から環境へ(松屋、東京)
現代美術の動向(国立近代美術館京都分館)
海上のゼロ(オレッツ国際画廊、デン・ハーグ、オランダ)
1964
第14回具体美術展(高島屋、大阪/1972年の解散まで全ての具体美術展へ出品)

主なパブリックアート

2001
《ここから、ここへ》(京阪電鉄天満橋駅、大阪)
2000
《永田耕衣文学碑》(泉福寺、加古川市、兵庫)
1996
《ココロの球》(鬼岳園地、五島市、長崎)
《連鎖球体》(大津市役所沿道、滋賀)
1992
《原田の音石》(豊中市立老人福祉センター、大阪 / 藤本由紀夫との共同制作)
1982
《タイムストーンズ400》(新大阪駅前、大阪)

主な収蔵先

芦屋市立美術博物館/大阪中之島美術館/京都国立近代美術館/滋賀県立近代美術館/兵庫県立美術館/宮城県美術館/アクセル・アンド・メイ・ヴェルヴォールト財団(ベルギー)/ゲティ・センター(ロサンゼルス)/ラチョフスキーコレクション(ダラス)/ファーマサイエンス・コレクション(カナダ)

主な著書

ACG
Exhibition