• ARTCOURT Gallery 画像:0
  • ARTCOURT Gallery 画像:1

Past Exhibitions

野村仁「宇宙開闢年表」
Cosmic Sensibility が成し遂げた3 つのステージ
又は 限りなく遠い記憶

2018. 2. 17 [sat] - 3. 17 [sat] 11:00〜19:00 ※土曜日17:00まで、日・月 休廊

本展について

アートコートギャラリーでは、野村仁の新作個展「宇宙開闢年表」を開催します。

物体に“時の経過”を見る独自の視点をもち、コンセプチュアルな自然との対話を通して、彫刻表現の新たな世界と可能性を追求し続ける野村仁。写真を主な制作手法とし、物体の運動や宇宙の秩序をカメラで捉える一方、野村はしばしば隕石やDNA、古生代の植物化石を用いて、“生命”や“宇宙の起源”にスポットライトを当てた作品を手掛けてきました。

本展では、ビッグバン宇宙論により138億年前といわれる宇宙誕生から人類誕生に至るまでの地(球)史の中で、野村が最も重要であると考える3つの出来事を取り上げ、それぞれの時間、光、現象などに関連し制作された作品約25点を一斉に展示します。

<3つの出来事(ステージ)> *宇宙誕生を0(ゼロ)年として
・ 103億年 − 光合成始まる
・ 134億年 − 植物の上陸
・ 138億年 − ヒト出現

天体の光と地上の時間をテーマとした昨年の展覧会に続き、今回は宇宙の光が生まれた時空間と地球上の生命とのつながりについて、野村は時代ごとに年表化するという画期的な展開を試みます。また、本展初日には、植物化石の専門家である塚腰実氏をゲストにお迎えしてトークイベントを企画。太古の地層から発掘された化石と、深宇宙の光を捉えた銀河写真から見えてくる、自然と人間のエネルギーと美の世界に迫ります。

出展作家

  • 野村仁 「宇宙開闢年表」
Courtesy of NASA/CXC/Univ of Hamburg/F. de Gasperin et al, SDSS, NRAO/VLA.
  • 野村仁 「宇宙開闢年表」
  • 野村仁 「宇宙開闢年表」
  • 野村仁 「宇宙開闢年表」
  • 野村仁 「宇宙開闢年表」

画像をクリックすると、大きなサイズでご覧いただけます。

TOP